NMNと若返り効果

最近、若返りの物質としてメディアなどでよく取りあげられているのがNMNです。このNMNという物質は、誰もが体内に持っている物質ですが、40代辺りから徐々に減っていき、それが老化の一つの要因とされています。この物質はビタミンB3から作られ、そしてNADという物質を作っていきます。そして、このNADは損傷したDNAを修復する働きを持っていて、これにより、若さと健康が維持されているのです。

また、一方でサーチュイン遺伝子という遺伝子もNMNと同じように若返りの効果があると言われています。この遺伝子が活性化することで、老化予防、すなわち長寿への期待が見込めるというわけです。人間が老化する要因としては例えば疾患であったり、体力や食欲の減退といったものがあり、それらを合わせると100ほどになります。この老化要因を抑える働きを持っているのがこのサーチュイン遺伝子なのです。

ただ、この遺伝子はスイッチをオンにしなければ、その効果は期待できません。オンにするためには、空腹状態を保つことや、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールを摂取することが有効とされています。

NMNは、野菜や果物から摂取できますが、最近ではサプリが販売されていて、そこから効率よく補充することもできます。また、NMNを体内に摂り入れることで、美肌などへの効果が期待でき、そして体内の機能を整える効果もあるのです。このように、このサイトはNMNに期待されている効果について説明します。