サーチュイン遺伝子の働き

NMNが注目されるにつれ、サーチュイン遺伝子にも注目が集まるようになりました。このサーチュイン遺伝子は別名「長寿遺伝子」とも言われるように、寿命に関係する遺伝子なのです。サーチュイン遺伝子は、ほとんどの生物が持っていて、これを活性化させることで、寿命が延びるということなのです。

遺伝子イメージ
画像引用 {NMN SOMA|サーチュイン遺伝子に働きかけるサプリメント

サーチュイン遺伝子が活発化することで、アルツハイマーや心不全、糖尿病などの疾患、骨密度の低下、食欲の減退など、およそ100ほどある老化要因を抑えられます。これがサーチュイン遺伝子が長寿遺伝子と言われる所以なのです。ただ、このサーチュイン遺伝子は通常はオフ状態となっています。これをオン状態にすることで、本来の働きを得ることができるのです。

さて、このサーチュイン遺伝子をオン状態、つまり活性化させるために何が必要なのかと言いますと、まずは空腹状態を保つことです。そして、レスベラトロールというポリフェノールの一種を摂取することが必要とされています。ただ、このサーチュイン遺伝子を根本から活性化させるには、やはりNMNの力が不可欠で、基本的には野菜や果物などから摂取することになります。つまり、若返りは暴飲暴食を控え、まずは食生活の見直しからということなのです。